某都知事の辞任で影響を受けた人々

 参議院選挙に都知事選挙と、
都民が翻弄された選挙週間もやっと落ち着きましたね。
今後は都政もクリーンになるといいな、と少し希望を持ったところで…
 ふと、前都知事の騒動の初動を思い出しました。
前都知事が公費を私的流用している疑いがあると報道された際、
私が一番心配になったこと。それは、

 都庁の職員は無事だろうか?!

 ということです。
「前都知事を辞任させたい、リコールはどうしたらできるのか」
という問い合わせや、情報公開制度に関する問い合わせなどが殺到していることが
容易に想像できた為です。
 公務員といえども残業(それもサービス残業)が当たり前となった今、
とばっちりを受けた都の職員は適切な休養を取れているのだろうかと心配になりました。
特に給与担当は寝られなかったのではないかと…。

 元々激務な上にバッシングと情報開示と、
個人的には気が進まないであろう退職金の計算・支給準備が重なるなんて
とても胸が苦しくなる事案だと感じました。
 新都知事になってからは、軽減されたのだろうか
…とついつい少し甘めの展望を持ってしまいます。

部下が苦しむことのないような、頼もしい上司の下で働きたいものですね!ほけんの窓口はこちら